読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PhotOrihak

おりはが写真についていろいろ書いていくブログの予定

PENTAX Kマウントの超望遠レンズを考える

 超望遠レンズって

 一般的な望遠レンズというと、だいたいが望遠端で300㎜です。しかし、「300㎜は広角」といったパワーワードがあるように、飛行機撮りや鳥撮りではより望遠パワーが求められます。そのような需要を満たすレンズが「超望遠レンズ」なのです…

 「超望遠レンズ」と呼ばれるのは、だいたい400㎜オーバーのレンズかなあという印象を個人的に持っています。以下、その認識をもとに書いていきます。

PENTAX Kマウントレンズの超望遠レンズ…

超望遠入門向け

 超望遠レンズは高価なものが多いですが、10万円程度でそれなりのものを手にすることができます。SIGMAタムロンの150-600㎜がその一つです。

  が、PENTAXサードパーティーレンズが出ない

そこで、Kマウントユーザーが10万円以下の超望遠レンズとして選択できるのは

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

のみです。

 (超望遠レンズとしては)安価で、広角端が50㎜と、超望遠レンズとしては唯一無二の便利さを持った、超望遠を求めるKマウント民に残された唯一の良心です。

およそ94,000円。

 

超望遠入門向けと中見出しを付けましたが、

Kマウント唯一のサードパーティAF対応超望遠レンズ

でもあります。

 

純正では…

HD PENTAX-D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

RICOH PENTAX 望遠ズームレンズ HD PENTAX-D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 21340

RICOH PENTAX 望遠ズームレンズ HD PENTAX-D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 21340

 

 約240,000円

 写りは50-500を凌駕します。また、AWということで防塵防滴になっています。

雨の日の航空祭なんかでは大活躍しそうですが、シーリングががっちりしているが故、ズームリングが重いようです。。。

 

ゴロゴロ

 約520,000円

 PENTAXが誇る超望遠単焦点です。

ヨドバシカメラなんかに実機が展示されていますが、天体望遠鏡めいたシルエットは見るものを驚かせます。

 

DA☆300とx1.4テレコンの組み合わせ!

約130,000円のレンズ

約44,000円テレコン

ということで、この420㎜の超望遠セットを作るには約175,000円必要になります。

 

まとめ

・ふえぇ…超望遠レンズに20万円も出せないよう…って人

・広角側の焦点域は望遠端の画質よりも重要だ!って人

SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

 

それ以外の人

純正

 

 他社マウントと違い、Kマウントユーザーにとって手頃な超望遠レンズは50-500一択です。「金欠だ…」「あまり使う場面が無さそうな超望遠にお金をつぎ込むのは…」など、様々な背景があるかと思いますが、超望遠レンズに20万円も出せないな…と思ったら、50-500を選ぶしかないのです。自分はそのタイプの人だったので、50-500の愛用者となっています。

 

 逆に、「純正超望遠レンズが選択肢に入っている人」は、純正レンズを選ぶべきだと思っています。50-500は便利ズームということもあり、純正レンズに比べて望遠端で1段ぶん暗くなっています。「納得いく写真を得るために絞りを何段絞って撮影するか」という点においても、純正が有利でしょう。

 

純正が高いと感じる人は50-500を

純正が候補に入る人は純正を。

Kマウントの望遠レンズ選びの基本はこの一言にまとめられそうです。

 

ただ…

 SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

超望遠レンズでありながら50㎜までの焦点域をカバーする、その便利さが大きな大きな特徴となっています。

 

この写真を撮った直後に

f:id:orihakisaragi:20161120012553j:plain

この写真を撮れる

f:id:orihakisaragi:20161120012539j:plain

この画角の自由さは、50-500の便利さならではのもの!!!!

 

ちなみに1枚目は下の写真内・赤枠で示したあたりを飛んでいた場面です。ビックリ(*‘∀‘)?

f:id:orihakisaragi:20161120013000j:plain

 純正超望遠が候補に入っている人たちも、この「ハイパーな便利さ」に心を惹かれたらぜひ50-500を手に取ってみてください。。。

 

超望遠レンズ運搬についてのブログもあります↓

photorihak.hatenablog.com